【取引所】違いと分かりやすく徹底解説【販売所】

Coin Journalです。

ビットコイン/ 仮想通貨をお持ちのほとんどの方はbitFlyer等の仮想通貨取引所から購入した人が多いでしょう。
よく聞く【取引所と販売所】は性質の異なるものだというのは皆さん御存知でしょうか?

単純な言い方の違いではないのです!それを知らずに売買していた方はもしかしたら損しているのかも…

 

▼取引所と販売所の違い 


有名なビットフライヤーですが、ビットコインの取引の際「取引所」「販売所」があります。

・ビットコインの取引所

ビットコインを売りたい人 / 買いたい人が集まる場所です。いってみれば市場 (いちば)のようなところです。
よって、ビットコインの売買相手は特定できない誰かです。

・ビットコイン販売所

販売所が保有しているビットコインは購入する場所。いってみればビットコインショップです。
よってビットコインの売買相手は販売所です。

 

取引する相手が違うだけかと思いきや、そうではありません。
結論から言うと、取引所の方がビットコインの販売価格は安いのです。

 

▼取引所と販売所のメリット・デメリット


それぞれメリット・デメリットがあるのでまとめてみました。

・取引所のメリット

売り買いのタイミングが合えば指値 (自分の指定した価格)で購入が可能。

販売所より価格が安くなりやすい。

・取引所のデメリット

指値がマッチングしなければ取引が成立しない。
※成行 (価格を指定せず現在の売りたい人の中でも最低価格)での注文であればすぐ購入可能です。

売買手数料が割高。

暴騰 / 暴落時に売買が成立しにくい。

 

・販売所のメリット

いつでも売り買いが可能。

売買手数料が割安。
※販売価格に販売所の利益が加算されているため、トータルでみると取引所のほうが割安になる場合が多い。

暴騰 / 暴落時でも売買が可能。

・販売所のデメリット

取引所より割高になりやすい。

 

<取引所と販売所の違い早見表>

取引所 項目 販売所
個人 取引相手 販売所
可能 数量指定 可能
可能 価格指定 不可能
成行・指値など 注文方法 販売価格のみ
割安 金額 割高
成立しない可能性がある   約定 成立する
経験者向け 対象 初心者向け

 

▼結局どちらが良いの?


では結局どちらで売買するのが良いのでしょうか?
すごく簡単にまとめると。

 

取引所:割安ですが確実に売買できない (安い / リスク高い)

販売所:割高ですが確実に売買できる (高い / リスク低い)

 

以上が取引所と販売所の違いです。
おそらくおおくの方が取引所にて売買を行っているかと思います。どちらが悪い良いではないので自分の投資スタイルに合ったやりかたで取引する事をお勧め致します。